特別資料No.338 EU REACHの手引書「CSRに関する手引」リファレンスガイダンス 第R.8章 第2版

2012年11月発行(会員価格20,000:非会員価格40,000) 資料内容 欧州委員会はREACH施行のために「情報要件および化学品安全性アセスメントに関する手引」を公表しています、この手引は大きく「コンサイスガイダンス」と「リファレンスガイダンス」の2つに分かれており、さらに「コンサイスガイダンス」はパートAからパートGまでの7つのパートからなり、「リファレンスガイダンス」は第R2章から第R20章までの19の章から構成されています。 JETOCでは両ガイダンスを2009年に全訳し発行していますが、その後、2010年にリファレンスガイダンス第R.8章が改訂され、ECHAより新たに改訂第2版として公表されましたので、全訳して発行することにしました。 本資料は、DNEL およびDMELの導出のための情報源としてのヒトデータに関して新たなセクションが追加され、ヒトデータが用いられる場合のデータの評価、用量記述子の抽出およびDNEL/DMELの導出の方法などが詳細に説明されています。この新たに追加されたセクションは、ヒトデータを用いてリスクアセスメントを行なうのに必須の部分であり、十分に理解しておく必要があると思われます。

  • お勧め商品
商品番号:10338

特別資料No.338 EU REACHの手引書「CSRに関する手引」リファレンスガイダンス 第R.8章 第2版

会員価格
¥22,000
数量
一般価格
¥44,000
数量