化学物質管理の動向

情報Bで掲載している『こらむ』は、化学物質の安全性に関する考え方、研究動向、論文に対する意見、学会参加報告等、テーマを絞らずに、編集スタッフの私的なコメントも加えて執筆しています。堅苦しい記事のなかの息抜き的な存在でありますが、皆様の何らかの考えるヒントになればと考えています。

JETOC a, b, c会員限定公開

ナノ材料                                        
二酸化チタンの規制-最近の動向-のこらむ(2019年11月号)
規制におけるナノ材料とは?(2018年5月号)
内分泌かく乱物質                                    
欧州における内分泌かく乱物質特定クライテリアのこらむ(2018年1月号)
その他                                         
[NEW]テキスタイル産業におけるPFASへのSAICMの取組みについてのこらむ(2021年9月号)
新しい循環経済行動計画に対する欧州議会の勧告についてのこらむ(2021年6月号)
欧州の登録を必要とするポリマー(PRR)の特定についてのこらむ(2021年5月号)
不純物を含めた2 成分以上を含む物質(MOCS)のこらむ(2021年4月号)
化学物質管理に関する2つの話題のこらむ(2020年4月号)
化学物質の作業者安全側面のリスクアセスメントに関する最新の動向のこらむ(2020年3月号)
プラスチックの循環経済の中での海洋生分解性プラスチックの立ち位置のこらむ(2020年2月号)
「デュー・ディリジェンス」 とは何か?のこらむ(2020年1月号)
環境移動性の高い化学物質の高懸念物質(SVHC)の候補リストへの収載のこらむ(2019年10月号)
プラスチック規制の戦略から実践へのこらむ(2019年4-5月号)
複合ばく露のリスクアセスメントのこらむ(2019年3月号)
プラスチックとサーキュラーエコノミー(2018年12月号)
プラスチックのこらむ(2018年11月号)
ぺル及びポリフルオロアルキル物質(PFASs)に関する今後の活動についてのチューリッヒ宣言(2018年10月号)
ICCA-LRI Workshop 参加報告のこらむ(2018年9月号)
REACHの運用及び特定要素のレビュー(2018年6月号)

  

JETOC会員限定公開

Eurotox 2017 参加報告のこらむ(2017年11月号)
内分泌かく乱物質の欧州定義に関する動向2(2017年9月号)
トリクロサン及びトリクロカルバンに関するフィレンツェ声明(2017年8月号)
内分泌かく乱物質を特定するクライテリアの行方は?のこらむ(2017年6月号)
抗菌せっけんのこらむ(2017年1月号)
内分泌かく乱物質の欧州定義に関する動向1(2016年8月号)
米国における難燃剤の規制動向のこらむ(2016年5月号)
JRC報告書に対するナノテクノロジー工業協会の意見書(2016年2月号)
JRC報告書の要約(2016年1月号)

※各記事内にあるURLは記事作成時点のもので、現在は変更されている可能性があります。ご了承ください。